自己紹介

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」ブログの管理人のKAMINです。

私は60歳ちょい前のシンセサイザー好きです。
シンセサイザーの音作りをしゃぶり尽くして、やり残したことの後始末をしたいと想い、このブログを立ち上げました。

「カムカム・シンセサイザー」の「カムカム」は、「噛む」であり「咬む」であります。
そして「みんなで音作りしちゃおう」の気持ちのあらわれ、でもあります。

中学からシンセサイザーに興味をもって、高校の入学祝と貯金をはたいてアナログ・シンセサイザーを購入。
当時、単音でしか音が出なかったため、あまりのめり込まずにフォーク・ギターを弾く毎日。

でも音が好きだったんだ。
そこから30歳ぐらいまで、いくつかのシンセサイザーを購入して音作りをしていた。
そこから縁遠くなって30年近くなってしまった。

2010年あたりで、生楽器が弾きたくなって、シンセサイザーから離れるために所有機材を一新。
ほとんど知人に譲った後に、寂しくなって2015年に購入したのが、microKORG XL+。
その後、放置していじることもなかった。

そんな中、体調を崩して会社を辞めた。
2021年夏に聴覚過敏で会社を退職し、今もその症状は続いている。
歌うことも生楽器を演奏することも耳が痛くなるし、疲れる。

シンセサイザーは音量を調節できる。
聴覚過敏でも小さな音で時間をかけなければ、音作りを楽しめます。

30年近くの間に進化していましたよ、シンセサイザー。
今回、中途半端にして心残りとなっていたシンセサイザーの音作りに関して、その魅力を再認識していこうと思います。

世の中、30年も経てば進化してるよ、ビックリだよ。
中途半端に縁遠くなったシンセサイザーの音作りをもう一度噛みしめたい。
噛む噛む、カムカム・シンセサイザー(笑)

というわけで、一から出直してシンセサイザーの音作りをしていきます。

10代で弾けもしないのにシンセに興味を持ち、音の魅力の虜になって40年以上経ってしまったことへの締めくくりとして、実践したことをまとめて、その魅力をお伝えできればと思っております。

読んでいただいた方に、新たなアクション・良き出会いがあれば幸いです。

ということで、よろしくお願いいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました