microKORG XL+ Sound Editor プログラムの操作(選択プログラムの受信、書き込み)

この記事は約3分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのライブラリー・ウィンドウでのプログラムの操作」として、「選択プログラムを受信」「選択プログラムを書き込み」について説明します。

KAMIN
KAMIN

この操作はプログラムの複数選択による操作が実施可能です。

KAMIN
KAMIN

microKORG XL+本体と microKORG XL+ Sound Editor側のプログラムNo.が一致している必要があります。

選択プログラムを受信

「選択プログラムを受信」とは、

  • microKORG XL+本体のプログラムをmicroKORG XL+ Sound Editorに受信する

ということです。

手順

例として、microKORG XL+本体のA11からA14のプログラムをmicroKORG XL+ Sound EditorのA11からA14のプログラムに受信します。

KAMIN
KAMIN

範囲指定は、範囲の先頭のプログラムをクリックした後、最後のプログラムをShiftキーを押しながらクリックします。

  1. A11からA14までを範囲指定して、ハイライト部分で右クリックします。
    プルダウンメニューから[選択プログラムを受信]をクリックします。
選択プログラムを受信:A11からA14までを範囲指定して、ハイライト部分で右クリックします。プルダウンメニューから[選択プログラムを受信]をクリックします。
  1. 以下の確認メッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
選択プログラムを受信:メッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
  1. microKORG XL+本体のA11~A14のプログラムを受信しました。
選択プログラムを受信:microKORG XL+本体のA11~A14のプログラムを受信しました。

選択プログラムを書き込み

「選択プログラムを書き込み」とは、選択されたプログラムをmicroKORG XL+本体に書き込む操作です。

手順

例として、A11~A14の初期化プログラム[INITPROG]をmicroKORG XL+側のA11~A14に書き込みます。

KAMIN
KAMIN

範囲指定は、範囲の先頭のプログラムをクリックした後、最後のプログラムをShiftキーを押しながらクリックします。

  1. A11からA14までを範囲指定して、ハイライト部分で右クリックします。
    プルダウンメニューから[選択プログラムを受信]をクリックします。
選択プログラムを書き込み:A11からA14までを範囲指定して、ハイライト部分で右クリックします。プルダウンメニューから[選択プログラムを受信]をクリックします。
  1. 以下の確認メッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
選択プログラムを書き込み:メッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
  1. 書き込んでいる間、以下のメッセージが表示されます。
    書き込み中の表示がなくなれば完了です。
選択プログラムを書き込み:書き込んでいる間、メッセージが表示されます。

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのライブラリー・ウィンドウでのプログラムの操作」として、「選択プログラムを受信」「選択プログラムを書き込み」について説明しました。

エディット中のプログラムは、microKORG XL+に書き込まれていません。

この操作の注意点は、

  • microKORG XL+本体とmicroKORG XL+ Sound EditorのプログラムNo.を一致させる必要がある

ということです。

ご注意ください。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、次回は「microKORG XL+ Sound Editor プログラムの操作(プログラム・ファイルの保存・読み込み)」について説明します。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました