microKORG XL+ Sound Editor ティンバー・データのコピー手順

この記事は約2分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editor ティンバー・データのコピー手順」について説明します。

この機能は、2つのティンバー(シンセ部などを2組)を持っているmicroKORGで、片方のデータをもう一方にコピーする機能です。

2つのティンバーの音を少しだけ変えて音を厚くしたり、音に揺らぎを与えたりしたいときに使えます。

また、「あの音のこの部分のティンバー・データをコピーしたい」といった操作にも使えます。

このブログでは、プリセット音を分析するにあたり、PROGRAM [INITPROG]にプリセット音のティンバー(シンセ部)のデータをコピーして、各ティンバーの音色を確認する場合があります。

microKORG XL+のSound Editorにコピー機能がありますので、以下に説明します。

お役立てください。

ティンバー(シンセ部)データのコピー手順

1.コピー元(プリセット音)とコピー先(PROGRAM [INITPROG])のプログラム・エディット・ウィンドウを開きます。

2.コピー元のティンバー名の右側にあるドラッグ・マークをクリックして、コピー先にドラッグ&ドロップすることでデータがコピーできます。

ティンバー(シンセ部)データのコピー手順:コピー元のティンバー名の右側にあるドラッグ・マークをクリックして、コピー先にドラッグ&ドロップすることでデータがコピーできます。
  1. 上の操作により、PROGRAM [INITPROG]のTIMBRE1にデータがコピーされました。
ティンバー(シンセ部)データのコピー手順:PROGRAM [INITPROG]のTIMBRE1にデータがコピーされました。
KAMIN
KAMIN

ドラッグ・マークは、その他に、プログラム、アルペジエーター、ボコーダー、マスター・エフェクトが画面上でドラッグ&ドロップでコピーできます。

ティンバー(シンセ部)データの入れ替え手順

また、プログラム内のティンバーをドラッグ&ドロップで入れ替えることもできます。

  1. 「TIMBRE1」のドラッグ・マークを「TIMBRE2」に移動します。
ティンバー(シンセ部)データのコピー手順:プログラム内のティンバーをドラッグ&ドロップで入れ替えることもできます
  1. 「TIMBRE1」と「TIMBRE2」のデータが入れ替わりました。
ティンバー(シンセ部)データのコピー手順:プログラム内のティンバーをドラッグ&ドロップで入れ替えることもできます(その2)
KAMIN
KAMIN

入れ替えと同じ操作をCTRLボタンをクリックしながら行うと、ドラッグ先にコピーされます。

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editor ティンバー・データのコピー手順」について説明しました。

詳しくはmicroKORG XL+ Sound Editorの取扱説明書をご覧ください。
 ※インストールすると、PDFファイルがあります。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、次回は「microKORG XL+ Sound Editor グローバル・ページでの操作」について説明します。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました