microKORG XL+ Sound Editor メニュー操作(グローバル)

この記事は約3分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのメニュー操作(グローバル)」について説明します。

KAMIN
KAMIN

今回はメニューからの操作に関して説明します。

グローバル・データの詳細については取扱説明書をご覧ください。

グローバル・ページ

「グローバル・ページ」はライブラリー・ウィンドウの[GLOBAL]ボタンをクリックすることで表示されます。

「MASTER TUNE」やベロシティの強弱のカーブ、MIDIの設定値等、microKORG XL+本体の全体にかかわる設定項目で構成され、エディットやmicroKORG XL+本体とのデータの送受信、データ・ファイルのロード・セーブ操作が可能です。

グローバル・ページ
KAMIN
KAMIN

以下の説明は「グローバル」ページになっている時にクリック可能となります。

メニュー [通信]-[グローバル・データを受信]

microKORG XL+本体からmicroKORG XL+ Sound Editorへグローバル・データを受信する操作です。

手順

  1. メニュー [通信]-[グローバル・データを受信]をクリックします。
メニュー [通信]-[グローバル・データを受信]
  1. 以下のメッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
メニュー [通信]-[グローバル・データを受信]:以下のメッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。

メニュー [通信]-[グローバル・データを書き込み]

microKORG XL+ Sound Editorのグローバル・ページで設定したグローバル・データをmicroKORG XL+本体に書き込む操作です。

KAMIN
KAMIN

microKORG XL+本体のデータを書き込みますので、ご注意ください。

手順

  1. メニュー [通信]-[グローバル・データを書き込み]をクリックします。
メニュー [通信]-[グローバル・データを書き込み]
  1. 以下のメッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。
メニュー [通信]-[グローバル・データを書き込み]:メッセージが表示されますので、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのメニュー操作(グローバル)」について説明しました。

ライブでチューニングが変更など、グローバル・データを目的ごとに管理したい場合、microKORG XL+ Sound Editorでグローバル・データを作成管理するようにして本体とデータのやり取りをするときに使うことになると思います。

...あまり活躍することがないかな。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、今回でメニュー操作に関する説明は以上となります。

次回はプログラムごとの操作、「microKORG XL+ Sound Editor プログラムの操作(切り取り、コピー、貼り付け)」について説明します。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました