※このページではアフィリエイト広告を利用しています。

シンセサイザー KORG opsixのプリセット音のパラメーター分析: 324 [TMP] Reso Noise

324 [TMP] Reso Noise
この記事は約6分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「シンセサイザー KORG opsixのプリセット音のパラメーター分析: 324 [TMP] Reso Noise」と題して、MODE: FILTERを使用したプリセット・プログラム「324 [TMP] Reso Noise」のパラメーターを分析します。

新たな進化を遂げたKORGのFMシンセサイザー、opsixとopsix native。
このブログでは、その魅力を細かく音と画像で詳しく説明していきます。

サウンドハウスからのご購入はこちらから!

音の特徴

雪が積もった夜の道でフード越しに聞こえる風の音のようです。

実験

では、音で確認しましょう。

KAMIN
KAMIN

パラメーターの分析は下に書いています。

詳細はそちらをご覧ください。

実験1: 弾いてみる

A4=440Hzを4回、弾く強さを「弱、強、弱、強」と弾きます。

音データ

KAMIN
KAMIN

ベロシティで音量の変化がありましたね。

実験2: 弾きながら、モジュレーション・ホイールを操作

A4=440Hzを数回弾きながら、モジュレーション・ホイールを動かします。

音データ

KAMIN
KAMIN

モジュレーション・ホイールを最大にするとサイン波のみのフィルターを介した音が出て、戻すとホワイト・ノイズになるのがわかりました。

パラメーター分析

INITプログラムからの変化を元に分析しています。

INITプログラムのパラメーターの設定については「シンセサイザー KORG opsixの機能: INIT(初期設定)プログラムの分析」をご確認ください。

確認したところ、テンプレートのプログラムなので複雑な設定はされていませんでした。

INITプログラムから以下のような設定がされていました。

  1. アルゴリズム1が選択されていて、オペレーターはOP1とOP2のみ使用して、後のオペレーターはMUTE
  2. MODE:フィルターによりレゾナンスの効いた音に設定されている
  3. バーチャルパッチによりモジュレーション・ホイールを動かすとOP2のサイン波のレベルが上がり、OP1のホワイトノイズのレベルが下がるように設定されている
  4. キャリアであるOP1にベロシティが設定されて弾く強弱によって音量がかわる
  5. アフタータッチでピッチへのLFO効果を設定

では、各ページでのパラメーター設定を確認します。

アルゴリズム

アルゴリズム1が2つのキャリアで直列接続されているアルゴリズムです。

初期設定値はOP3~OP6のオペレーターはミュートされていて使っていません。

なので2つのオペレーターで音が作られています。

alg-01

OP2はOP LEVELが0%ですが、バーチャル・パッチでモジュレーション・ホイールを操作することでレベルを上げるように設定されています。

324 reso noise op algo-01
324 reso noise alg01-param-etc

MODE、WAVE、OP LEVEL、FREQUENCY MODE

キャリアであるOP1はMODE: FILTERが設定されていて、そののWAVEには「NOISE WHITE」(ホワイトノイズ)が選択されています。

モジュレーターであるOP2はMODE: FMが設定されていてます。

OP LEVELが0ですが、バーチャル・パッチでモジュレーション・ホイールを操作することでレベルを上げるように設定されていますので、モジュレーション・ホイールを操作すると、キャリアであるOP1に変調を加えます。

324 reso noise mode13
324 reso noise mode46

名前の通り、MODE: FILTERにてレゾナンスを90%に設定して、ノイズにフィルターをかけています。

324 reso noise op1-n324 reso noise op1-n1
324 reso noise mode

OP-EG

キャリアであるOP1のエンベロープ・ジェネレーターでDECAY TIMEが5秒。

ゆっくりと音が小さくなります。

鍵盤から指を離しても1秒間かけて音がなくなります。

モジュレーターであるOP2はSUSTAIN LEVELが100なので、レベル最大で音が出て、鍵盤から指を離すと、2秒間かけて音がなくなります。

CURVEは初期設定値の6ですから標準的な減衰の仕方と考えて良いと思います。

324 reso noise op-eg-algo-01-2
KAMIN
KAMIN

OP1がMODE: FILTERなので、モジュレーターOP2はFILTERに入力信号であるサイン波をOP1に送ります。

OP1側ではOP2からの入力信号をFILTERを介して出力します。

MODE: FMではないので、OP2によるFM変調の効果は得られません。

OP-PITCH、OP-P MOD、OP-KEY TRACK

キャリアであるOP1に音の強弱であるVELOCITYが設定されています。

強弱により音量が変わります。

324 reso noise l-mod

キー・トラックはOP1のレベル(音量)が低い鍵盤側で大きくなる設定

324 reso noise ktrk-n
324 reso noise key-track
KAMIN
KAMIN

鍵盤の位置による音量の補正だと思います。

FILTER

324 reso noise filter

FILTERページのパラメーターはINITプログラムと同じ設定値でした。

FILTERはENABLE: ONですが、CUTOFF周波数が最大値であるため、フィルターの影響はないと考えます。

MOD(EG、LFO)

以下の設定がされていますが、LFO1のみアフタータッチの効果で使われています。

324 reso noise eg
324 reso noise lfo

EFFECT

エフェクトは設定されていません。

VIRTUAL PATCH

324 reso noise v-patch

バーチャル・パッチの設定は以下の通りです。

  1. V.PATCH1は、モジュレーション・ホイールを上げることで、OP2のサイン波のOP LEVELを上げます。
  2. V.PATCH2は、モジュレーション・ホイールを上げることで、OP1のオシレーターの入力信号のレベルを下げます。

なので、モジュレーション・ホイールにより、OP1のホワイトノイズとOP2のサイン波の音量バランスを変化させている設定です。

なので、モジュレーション・ホイールを最大にするとサイン波のみのフィルターを介した音が出ます。

MISC

324 reso noise prog-pitch

アフタータッチで1.5半音の幅でLFO1のピッチへの効果が設定されています。

VOICE

ユニゾンのボイス数が2に設定されています。

324 reso noise voice

モジュレーション・ホイールを最大にすると、グラスハープのような音が聞こえてきます。

KAMIN
KAMIN

ホワイトノイズでは聴感上ではわからないですね。

まとめ

今回は「シンセサイザー KORG opsixのプリセット音のパラメーター分析: 324 [TMP] Reso Noise」と題して、MODE: FILTERを使用したプリセット・プログラム「324 [TMP] Reso Noise」のパラメーターを分析しました。

何も知らずにこのプログラムを弾くと、ホワイトノイズしか聞こえない(笑)

モジュレーション・ホイールを操作すると音の変化が起きてくる。

シンセサイザーを店頭で試奏する場合、モジュレーション・ホイールを操作してみてください。

新たな発見がありますよ。

この記事を読んだ方がシンセサイザーに興味を持っていただけたら幸いです。

次回は「シンセサイザー KORG opsixの機能: MODE: FILTER FM」と題して、機能と実験方法について説明します。

では。

新たな進化を遂げたKORGのFMシンセサイザーopsixとopsix native。
このシンセサイザーでしか味わえない魅力が満載です。

サウンドハウスからのご購入はこちらから! イケベ楽器店からのKORG opsixのご購入はこちら! ↓このブログは、「にほんブログ村」に参加しています↓
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました