microKORG XL+ Sound Editor プログラムの操作(切り取り、コピー、貼り付け)

この記事は約2分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのライブラリー・ウィンドウでのプログラムの操作」として、「操作メニューの表示」「切り取り」、「コピー」、「貼り付け」について説明します。

操作メニューの表示

操作メニューの表示:プログラム・リスト対象となるプログラムを右クリックすると、プルダウン・メニューが表示されます。

プログラム・リスト対象となるプログラムを右クリックすると、プルダウン・メニューが表示されます。

そこから希望する操作を選択します。

プログラムの切り取り→貼り付け

まず、「プログラムの切り取り→貼り付け」操作をしてみます。

「切り取った後、どうなるんだろう?」と思いますよね?

手順

例として、

  • [A11 ANALOG]を切り取り
  • A21に貼り付け

を実施します。

  1. [A11 ANALOG]を選択して右クリックします。
    プルダウンメニューから[切り取り]をクリックします。
プログラムの切り取り→貼り付け:右クリックします。
プルダウンメニューから[切り取り]をクリックします。
  1. A11は初期化され、[A11 INITPROG]となりました。
プログラムの切り取り→貼り付け:A11は初期化され、[A11 INITPROG]となりました。
  1. A21を選択して右クリックします。
    プルダウンメニューから[貼り付け]をクリックします。
プログラムの切り取り→貼り付け:プルダウンメニューから[貼り付け]をクリックします。
  1. A21が[A21 ANALOG]としてコピーされました。
プログラムの切り取り→貼り付け:コピーされました。

プログラムのコピー→貼り付け

今度は、「プログラムのコピー→貼り付け」操作をしてみます。

手順

例として、

  • [A11 ANALOG]をコピー
  • A21に貼り付け

を実施します。

  1. [A11 ANALOG]を選択して右クリックします。
    プルダウンメニューから[コピー]をクリックします。
プログラムのコピー→貼り付け:[A11 ANALOG]を選択して右クリックします。
プルダウンメニューから[コピー]をクリックします。
  1. A11は変更なく、[A11 ANALOG]のままです。
  2. A21を選択して右クリックします。
    プルダウンメニューから[貼り付け]をクリックします。
プログラムのコピー→貼り付け:A21を選択して右クリックします。
プルダウンメニューから[貼り付け]をクリックします。
  1. A21が[A21 ANALOG]としてコピーされました。
プログラムのコピー→貼り付け:コピーされました。
KAMIN
KAMIN

コピー、切り取り操作に関しては、複数のプログラムを選択して操作することはできません。

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editorのライブラリー・ウィンドウでのプログラムの操作」として、「操作メニューの表示」「切り取り」、「コピー」、「貼り付け」について説明しました。

コピー操作に関しては、ドラッグ&ドロップでの操作もありますが、1つずつコピーするのであればドラッグ操作のミスがないため、こちらの方が安心できます。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、次回は「microKORG XL+ Sound Editor プログラムの操作(初期化)」について説明します。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました