シンセサイザー デジタル化で追加された機能(1)OSC <6>

この記事は約6分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「シンセサイザー デジタル化で追加された機能(1)OSC <6>」と題して、「OSC1の波形とモジュレーションとコントローラーの関係(WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORMでのC2:LFO1 MOD)」と「WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD」について説明します。

KAMIN
KAMIN

オシレーター専用のLFOのパラメーターです。

KAMIN
KAMIN

Sound Editorでは、「WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD」となっているので分けていますが、他の波形と同じLFO1からのモジュレーションだと思います。

このブログでは、KORG microKorg XL+のSound Editor画面を使って説明しています。

サウンドハウスからの購入はこちらから
スポンサーリンク

WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORMでのC2:LFO1 MOD

WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORMでのC2:LFO1 MOD

これは、オシレーターにLFOで変化させる効果というと、ビブラート効果をイメージしますが、この機能はLFO1で「波形を変化させる」機能です。

ピッチに対して変化させているのではありません。

「何をするんだっ!」って感じです(笑)

ここまで行くと、「アナログ・モデリング・シンセサイザー」というより、「モジュラー・シンセサイザー」のイメージです。

冨田勲さんとか、松武秀樹さんが使っていた大きなシンセサイザーで、ケーブルを使っていろいろなパラメーターに対して変化させてしまうような感じ。

取扱説明書では、以下のように書かれています。

“OSC1.C1” で設定した波形に対して、LFO1 でモジュレーションをかけます。その効果の深さを調整します。
LFO1 の “WAVE”(→ p.47「 LFO1, LFO2」)を TRIANGLE に設定すると、ノコギリ波(“WAVE”: SAW)ではデチューンがかかったような効果を得ることができ、矩形波(“WAVE”: PULSE)では PWM(パルス・ワイズ・モジュレーション)効果を得ることができ、音色に厚みが加わります。

「microKORG XL+ 取扱説明書」より

そんな使い方があらかじめ用意されているとは、、、確認してみましょう。

パラメーターの説明

WAVE:SAW、OSC1 MOD:WAVEFORM、OSC1 CTRL2:LFO1 MOD

設定値:[000…127]
[INITPROG]の設定値:0

実験(WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORM、OSC1 CTRL2:LFO1 MOD)

それでは実験してみましょう。

実験方法として、「OSC1 CTRL2:LFO1 MOD」の値を手動で0→127に変化させて音を鳴らしてみます。

効果が分かりやすいように「LFO1」セクションでは、「LFO1:FREQ」を1.50Hzに変更しています。

実験(WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORM、OSC1 CTRL2:LFO1 MOD):LFO1

実験1(WAVE:SAW、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

実験1(WAVE:SAW、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

測定方法

  1. PROGRAM [INITPROG]を選択
  2. 「OSC1:WAVE」を[SAW]に設定(変更なし)
  3. 「OSC1 MOD」を[WAVEFORM]に設定(変更なし)
  4. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を0に設定
  5. 「LFO1:FREQ」を1.50Hzに設定
  6. A=220Hzを弾く
  7. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を手動で0→127に変化させる。

音データ

実験2(WAVE:PULSE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

実験2(WAVE:PULSE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

測定方法

  1. PROGRAM [INITPROG]を選択
  2. 「OSC1:WAVE」を[PULSE]に設定(変更なし)
  3. 「OSC1 MOD」を[WAVEFORM]に設定(変更なし)
  4. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を0に設定
  5. 「LFO1:FREQ」を1.50Hzに設定
  6. A=220Hzを弾く
  7. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を手動で0→127に変化させる。

音データ

KAMIN
KAMIN

値をちょっとだけ上げて、デチューン効果の代わりにすれば、ユニゾン機能のように同時発音数が減ってしまうことがなくなる。

実験3(WAVE:TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

実験3(WAVE:TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:LFO1 MOD:0→127)

測定方法

  1. PROGRAM [INITPROG]を選択
  2. 「OSC1:WAVE」を[PULSE]に設定(変更なし)
  3. 「OSC1 MOD」を[WAVEFORM]に設定(変更なし)
  4. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を0に設定
  5. 「LFO1:FREQ」を1.50Hzに設定
  6. A=220Hzを弾く
  7. 「OSC1 CONTROL2:LFO1 MOD」を手動で0→127に変化させる。

音データ

KAMIN
KAMIN

「WAVE:TRIANGLE」の波形はパラメーターを変化させると管を通ったような音がするんだ。

ここが魅力。

WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD

microKORG XL+ Sound EditorではSINE波の場合、名称が「WAVE SHAPE MOD」となっています。
LFO1からのモジュレーションには変わらないと思います。

では、実験してみましょう。

実験(WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD:0→127)

実験(WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD:0→127)

測定方法

  1. PROGRAM [INITPROG]を選択
  2. 「OSC1:WAVE」を[SINE]に設定
  3. 「OSC1 MOD」を[WAVEFORM]に設定(変更なし)
  4. 「OSC1 CONTROL2:WAVE SHAPE MOD」を0に設定
  5. 「LFO1:FREQ」を1.50Hzに設定
  6. A=220Hzを弾く
  7. 「OSC1 CONTROL2:WAVE SHAPE MOD」を手動で0→127に変化させる。

音データ

KAMIN
KAMIN

サイン波だったからそんなに効果がないと思っていましたが、音を聞いてみると後半に出てきました。
LFOの波形を変えたりすると、もっと変化しそう。

まとめ

今回は「シンセサイザー デジタル化で追加された機能(1)OSC <6>」と題して、「OSC1の波形とモジュレーションとコントローラーの関係(WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE、OSC1 MOD:WAVEFORMでのC2:LFO1 MOD)」と「WAVE:SINE、OSC1 MOD:WAVEFORM、C2:WAVE SHAPE MOD」について説明しました。

「波形に周期的な変化を与える」のが実感できましたでしょうか。

波形が違うと変化の仕方も違ってくるので面白いと感じました。

効果が分かりやすくするためにLFOの周波数を1.50Hzにしたので、早くしたり遅くしたりすることで、また違った印象になると思います。

この記事を読んだ方がシンセサイザーに興味を持っていただけたら幸いです。

さて、次回は「シンセサイザー デジタル化で追加された機能(1)OSC <7>」と題して、「OSC1の波形とモジュレーションとコントローラーの関係(WAVE:SAW/PULSE/TRIANGLE/SINE、OSC1 MOD:CROSS、C2:LFO1 MOD)」について説明します。

では。

このブログでは、KORG microKorg XL+のSound Editor画面を使って説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました