microKORG XL+ Sound Editor ドラッグ&ドロップによるプログラムのコピー

この記事は約4分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editorでのプログラムのコピー」について説明します。

プログラムのコピーで注意する点

以下の点について、ご注意ください。

  • 必ず、Ctrlキーを押しながらドラッグ&ドロップしてください。
    Ctrlキーを押さないと、移動操作となり、プログラムがシフトしてしまいます。
    プログラムNo.がシフトしてしまうと、元に戻すのは大変です。
  • メニューでのプログラムの操作は確認メッセージが表示されますが、ドラッグ&ドロップによるプログラムのコピーでは、確認メッセージが表示されません。

ドラッグ&ドロップによるプログラムのコピー

例として、[A11 ANALOG]をA21にドラッグ&ドロップでコピーする方法です。

手順

  1. [A11 ANALOG]をA31にCtrlキーを押しながらA21にドラッグします。
    ドラッグするとプログラムNo.、タイトル名等が移動します。
複数プログラムを範囲指定してコピー手順:[A11 ANALOG]をA31にCtrlキーを押しながらA21にドラッグします。
  1. A21として[A21 ANALOG]がコピーされました。
    [A11 ANALOG]は残ったままです。
複数プログラムを範囲指定してコピー手順:[A11 ANALOG]は残ったままです。

複数プログラムを範囲指定してコピー

複数プログラムを範囲指定してコピーできます。

手順

例として、[A11 ANALOG]から[A14 TIMELINE]までの範囲のプログラムをコピーします。

  1. プログラムの範囲指定の選択は、Shiftキーを押しながら選択します。
  2. [A11 ANALOG]をクリックします。
  3. [A14 TIMELINE]をShiftキーを押しながら選択します。
  4. ハイライトされた範囲をCtrlキーを押しながらA21にドラッグします。
複数プログラムを範囲指定してコピー手順:ハイライトされた範囲をCtrlキーを押しながらA21にドラッグします
  1. A21からA24の範囲にコピーされました。
    [A11 ANALOG]~[A14 TIMELINE]は残ったままです。
複数プログラムを範囲指定してコピー手順:[A11 ANALOG]~[A14 TIMELINE]は残ったままです。

複数プログラムを選択してコピー

範囲指定でなくても、複数のプログラムをコピーすることができます。

注意点

選択したプログラムの数だけドラッグした場所からコピーします。

コピーする数を間違えないように注意してください。

手順

例として、以下のプログラムをA21へコピーします。

  • [A11 ANALOG]
  • [A13 WAKELEAD]
  • [A15 TAPE STR]
  • [A17 KROSS FX]
  1. 複数のプログラムの選択は、Ctrlキーを押しながら選択します。
  2. [A11 ANALOG]をクリックします。
  3. [A13 WAKELEAD]をCtrlキーを押しながら選択します。
  4. 2.と同じ操作で[A15 TAPE STR]、[A17 KROSS FX]を選択します。
  5. ハイライトされた範囲をCtrlキーを押しながらA21にドラッグします。
複数プログラムを選択してコピー手順:ハイライトされた範囲をCtrlキーを押しながらA21にドラッグします。
  1. A21から選択したプログラムの数だけコピーされました。
    元のプログラムは、残っています。
複数プログラムを選択してコピー手順:元のプログラムは、残っています。

別のBANKにコピーする方法

今回は[A11 ANALOG]を別BANKのB11にコピーする方法で説明します。

  1. [A11 ANALOG]を[BANK B]ボタンにCtrlキーを押しながらドラッグします。
KAMIN
KAMIN

必ずCtrlキーを押しながら実施してください。

Ctrlキーを押さないと、移動操作となり、プログラムがシフトしてしまいます。

別のBANKにコピーする方法:[A11 ANALOG]を[BANK B]ボタンにCtrlキーを押しながらドラッグします。
  1. ドラッグするとタイトル名が移動します。
別のBANKにコピーする方法:ドラッグするとタイトル名が移動します。
  1. [BANK B]ボタンにドラッグすると、[BANK B]に表示が切り替わります。
別のBANKにコピーする方法:[BANK B]ボタンにドラッグすると、[BANK B]に表示が切り替わります。
  1. B11にドロップします。
別のBANKにコピーする方法:B11にドロップします。
  1. [BANK B]の[B11]にプログラム [ANALOG]がコピーされました。
別のBANKにコピーする方法:[BANK B]の[B11]にプログラム [ANALOG]がコピーされました。

結果として、[BANK A]を確認しましょう。

A11には、コピーした[A11 ANALOG]がそのまま残っています。
ドラッグ&ドロップでの移動では、プログラムNo.がシフトしますので、今回のコピーの方が安心です。

ただし、ドラッグ&ドロップでのコピー操作時は確認メッセージが表示されませんので注意が必要です。

別のBANKにコピーする方法:ドラッグ&ドロップでのコピー操作時は確認メッセージが表示されません

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editorでのプログラムのコピー」について説明しました。

ドラッグ&ドロップによるプログラムの移動をしてしまうと、プログラムNo.がシフトしてしまうので、上記のプログラムのコピーの方が使い勝手が良いと思います。

ただし、確認メッセージは表示されませんので、ご注意ください。

KAMIN
KAMIN

1つのプログラムのコピーであれば、プログラムを右クリックでプルダウンメニューからコピー操作することもできます。

上記と同様に確認メッセージは表示されません。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、次回は「microKORG XL+ Sound Editor ドラッグ&ドロップによるプログラムの移動」について説明します。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました