microKORG XL+ Sound Editorを使ってわかったこと

この記事は約3分で読めます。

みなさん、こんにちは。
「カムカム・シンセサイザー」のKAMINです。

今回は「microKORG XL+ Sound Editorを使ってわかったこと」について説明します。

microKORG XL+ Sound Editorを使ってみて

以前、デジタル・シンセサイザーが発売された後、「UNYSIN」というSound Editorが登場して、私はこれを使っていました。
当時のデジタル・シンセサイザーは画面も小さくて一つのパラメーターしか表示できないものもたくさんあって、本体で音作りをする気になれない代物でした。
「UNYSIN」を使って、「やっとこれでエディットできる」と思った次第です。

microKORG XL+ Sound Editorを使ってみて、そのメリットと「もう少しこんな風にしてほしい」と思ったところをデメリットとしてまとめてみました。

デメリットがあっても、これがないと困ります(笑)
それを前提で読んでくださいね。

メリット

  • シンセ・エディット部が1画面で構成されていてわかりやすい。
    音作りをするときに、これが非常に有益で重要なんです。
  • デジタル・シンセサイザーなので、数値で表示される。
    アナログ・シンセサイザーだと、つまみの位置とかメモをするようになっちゃいますよね。
    従来のアナログ・シンセサイザーでは、「サウンド・チャート」といったものが説明書にありました。
  • Sound Editorがあるだけでも助かる。
    最近のシンセサイザーでついている機種は本体でエディットするのが大変な機種ぐらい。
  • パラメーターノブを右クリックすると、本体のノブへのアサインがプルダウンメニューで表示される。
KAMIN
KAMIN

ノブへのアサイン方法については、取扱説明書にも書いてないですね。

<ノブアサインの様子>

ノブアサインの様子

<ノブにアサインできないパラメーターは以下の表示>

ノブにアサインできないパラメーター画面

デメリット

  • エディットしていて、ちょっと前に戻すことができない(UNDO機能)。
    ※保存時のデータに復元することは可能です。
  • エフェクトは一回違うエフェクトを選択すると、元に戻らずに初期化された値になる。

まとめ

今回は「microKORG XL+ Sound Editorを使ってわかったこと」について説明しました。

最近でもメモリー付きのアナログ・シンセサイザーが発売されていますが、PC内にプログラムの保存・管理用のソフトはあっても、PC上で音作りできるSound Editorはついていないのが普通です。

一旦保存してしまうと、どんなパラメーター設定なのか、忘れてしまいます。

メモリー上のプログラムを選択しても、自動でノブが動いたりLEDで表示したりしてくれることは一部のシンセサイザーのみです。

各パラメーターの値が表示できるって、音作りには欠かせないように思いますが、ノブやスイッチが多くなれば、対応するには高価になってしまいますから、なかなか実現できない点です。

PC上でパラメーターの確認・設定ができれば、ユーザーの音作りにも敷居が低くなると思います。

ぜひメーカーさん、考えてみてください。

よろしくお願いいたします。

みなさんのお役に立てたなら幸いです。

さて、次回からはmicroKORG XL+ Sound Editorを使って、シンセサイザーの機能を説明していきます。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました